40代タクシードライバーへ転職

タクシー運転手へ未経験から転職

40代でタクシードライバーへ転職

投稿日:

40代がタクシードライバーへの転職を選ぶ理由

40代でタクシードライバーへ転職を選ぶ方は多いです。
イメージ的には収入が不安定、長時間勤務、高齢ドライバーの仕事、といったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

しかし、今は大卒新卒でタクシードライバーへ就職する人も増えていますし、しっかり働けば東京都では年収500万円以上のドライバーも少なくありません。

40代から転職が可能で、未経験者歓迎の正社員求人が多い業界となると非常に選択肢は少なくなります。

今、タクシードライバーとして活躍されている方の前職も様々です。
40代は多くのタクシー会社から歓迎されます。

転職の際にはしっかりと求人内容を比較して、自分に合った仕事内容かどうかも検討する必要がありますが、40代からでも転職しやすい仕事としてタクシードライバーへの転職はおすすめです。

40代の転職、未経験歓迎が多いタクシードライバー

様々な理由から、転職先探しをすることになる方も多いと思います。

40代での転職、そして未経験でも採用してもらえる仕事となると、限りがあります。

40代でフリーター、非正規雇用で働くのは厳しい。
生活の事を考えて、どうしても正社員で働きたい。

そうした場合、タクシードライバーへの転職は選択肢としておすすめです。

40代は若手、今後も期待出来る人材として積極的に採用を考えてくれるタクシー会社が多いです。

とはいえ、どのタクシー会社を受け手も必ず内定が貰える訳ではないですから、しっかりと面接対策などは準備をする必要があります。

そうした転職相談などが無料で出来るタクシードライバー求人サイトが、

⇒ 転職道.COM

⇒ タクサポ

などです。

40代の転職市場、厳しい40代への企業の採用基準

40代の転職市場は、基本的には未経験者歓迎の正社員求人は少なく、即戦力で活躍出来る人材が求められることが多くなります。

転職を希望する人にも様々な方がいますよね。

40代でさらにキャリアアップ、年収アップのために積極果敢に転職市場に打って出る方。

会社が残念ながら倒産してしまい、転職活動をせざるを得ない方。

リストラに遭ってしまい、失業保険をもらいながら再就職先を探している方。

親の介護のために時間の自由が利く仕事を探している方。

自営業で頑張っていたが、このご時世、売上げが下がり廃業。50歳を前に転職先が見つからず苦労している方。

40代の転職、多くの方が何かしら事情を抱えているといって良いのではないでしょうか。

こうした方の全てが、今までのスキルを活かす転職先が見つかるとは限りません。
実は身に付けているスキルや知識が、今までの会社でしか通用しないものであった・・・求人先企業の求めるスキルでは無かった、という場合には面接を突破することは非常に難しくなります。

40代は即戦力。
今後の伸びを期待して採用、といったことにはならないのです。

それが、40代の転職を難しくしている大きな要因といえるでしょう。

また転職によって年収が大きく下がることが多い、ということもこれまでの生活レベルを維持したい40代には厳しいといえます。

転職による年収ダウンの想定範囲を超える場合、やはり内定をもらっても悩むケースは多いでしょう。

こうしたこともあり希望の職種で仕事が見つかることは稀、といってよく生活のために「未経験の業界・職種」への転職を考えざるを得ない方が多いのです。

しかし、他の業界・職種へ目を向けても「40代、未経験者歓迎」の仕事は限られるのが現状です。

40代でタクシードライバーへ転職、未経験でも歓迎される理由

40代、タクシードライバーへの転職希望者を歓迎するタクシー会社は多いです。

その理由として、次のようなことが挙げられます。

40代はタクシー業界では若手

新卒採用も増えつつあり、大卒でタクシードライバーになる人も増えていますが、タクシードライバーの平均年齢は50歳以上。

タクシードライバーの高齢化により、毎年退職者も多くドライバーの自然減に悩まされているタクシー会社は多いといえます。

40代はタクシー業界では若手といえます。

体力もあり運転に必要な深視力など能力も高い状態の方が多いため、期待の若手として積極的に採用を考えてもらうことが出来ます。

40代でタクシードライバーへ転職する人は稼ぎたい、高年収を得たい人が多い

タクシードライバーは歩合給で稼ぐ仕事です。

それが不安になっている方も多いかもしれませんが、先輩ドライバーから稼ぐためのポイントなどを教わったり、営業の振り返りなどをすることで売上げアップをしているドライバーは多いです。

東京都のタクシードライバーの平均年収は約470万円です。
平均ですから都内で年収500万円オーバーのドライバーは多いです。
そこまで稼ぐ必要が無く、生活のメリハリのためにドライバーをしている60代などもいます。

40代は家庭持ちの方も多く、給料を多く稼ぎたい人が多いといえます。
稼がなければならない理由があって、タクシードライバーへ転職してくる人も多いです。

子供の学費、ローンの返済、事業の借金返済など、様々な稼がなければならない理由があります。

地方から東京都のタクシー会社へ転職、という場合には地方では稼げないから東京でタクシーに転職、といった方は多いといえます。

高年収を得るには、日々の営業で売上げを上げる必要があります。

ドライバー一人ひとりの売上げが高いと、タクシー会社も儲かります。

そうした高収入を得たい!と頑張るドライバーが多いことは、タクシー会社にとっても大きなメリットとなります。

ロスジェネ(就職氷河期世代)40代フリーターにもタクシードライバーへの転職はおすすめ

タクシードライバーへの転職をお考えの方の中には、就職氷河期世代(ロスジェネ世代)と言われる人も多いと思います。

2000年前後に高校、大学を卒業した人は就職したくても求人が無い、という今の超売り手市場を考えると、想像できないほどの就職難でした。

正確に言うと、1993年~2004年に卒業した人は、希望の就職が叶わなかった人も多いです。
そのため正社員就職して退職、その後フリーターといった40代も。

大卒フリーターで正社員になれず、ずっと非正規社員。
東大卒でフリーターといったトップクラスの大学を卒業してフリーター、といった人も少なくありませんでした。

そんな中、老後には年金だけでは2,000万円不足する、と言われても困ってしまいます。
非正規で国民年金しか払ってきていない場合、2,000万円どころの不足ではありません・・・。
今からでも厚生年金に加入したい、なども含めて正社員になりたい、アルバイトよりも収入を安定させたいといった場合には就職を考える必要があります。

しかし40代でフリーター・ニートといった経歴のある方は、通常の就職活動をしても書類選考を突破することも難しいのが実際です。

そうした40代からの就職活動が難しい中、普通自動車免許を取得後3年以上といった条件はあるものの、40代でも未経験者を歓迎してくれるタクシー会社は多いです。

歩合給のため売上げが一定にはならないかもしれませんし、向き不向きもあるかもしれませんが正社員就職しやすい職種の一つとして、タクシードライバーを検討されてみてはいかがでしょうか。

40代がタクシードライバーへの転職を成功させるには

東京都には400社以上のタクシー会社があります。

その中で、40代未経験者歓迎、人間関係が良く働きやすいタクシー会社、といった様々な条件で探す場合には、タクシードライバーに特化した求人サイトの活用がおすすめです。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクサポ

などは東京都のタクシー会社の詳しい情報を持つコンサルタントやカウンセラーに相談をしながら、自分に合った転職先を探すことが出来るタクシードライバー求人サイトです。

情報収集の利用も無料です。

タクシー会社といっても、社風、職場環境、勤務時間、歩合給、福利厚生などが会社により違います。

自分にあった転職先を見つけなければ、早期退職に繋がりかねません。

40代がタクシードライバーへの転職を成功させるには、こうしたタクシードライバーに特化した求人サイトの活用が欠かせないと言えます。

-タクシー運転手へ未経験から転職
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.