30代でもタクシードライバーへ転職出来る

フリーター就職

30代フリーターがタクシードライバーへ就職

投稿日:2019年8月6日 更新日:

30代フリーターでもタクシードライバーになれる

30代フリーター、特に30代後半ともなるとまともに就職活動をしても内定獲得は難しいですよね。

書類選考で落ち続けるので就活に挫折してしまった、ニートの時期もあったという方も多いかもしれません。

しかし、タクシードライバーは30代未経験でも歓迎してくれるタクシー会社も多く、普通自動車免許さえあれば就職すること自体は難しくありません。

30代フリーターが就職を目指せる仕事はそう多くはありません

このままフリーターの末路を辿る前に、本気で正社員への就職を考えた場合タクシードライバーへ就職することはメリットも多くあります。

30代フリーターからタクシードライバーへ就職をおすすめする理由をご紹介します。

30代フリーター タクシードライバー就職

30代フリーターからタクシードライバーに就職
30代フリーターの就職にタクシードライバーはおすすめです。

その大きな理由はやはり「30代でフリーター歴が長く、未経験でも歓迎される」ためです。

高卒フリーター、大学中退フリーターでずっとアルバイトをしてきた人でも歓迎してくれるタクシー会社も多数あります。

タクシードライバーにネガティブなイメージを持っている方も少なく無いと思いますが、最近では新卒でタクシードライバーになる人も増えるなど、イメージが変わりつつあります。

待遇や働き方が改善されホワイトな働き方が出来る上に、同世代の平均年収よりも高年収を稼げる、しかも休みが多い!ということでタクシードライバーへ就職を目指す人は増えています。

30代フリーターの就職の選択肢は狭いです。
求人サイトを見て、やりたい仕事が無い・・・と困ってしまったことがある方も多いでしょう。

タクシードライバーは就職しやすく、長く働ける仕事です。

30代フリーターからタクシードライバーへの就職がオススメな理由についてご紹介しています。

求人探しは、

⇒ 東京都 タクシードライバー求人に強い、おすすめ求人サイト

でご紹介している求人サイトの活用がオススメです。

30代フリーター歴が長くてもタクシードライバーに就職は可能!

まず、フリーター歴が長い30代フリーターの方でも正社員としてタクシードライバーに就職することは可能です。

「そろそろ年齢的に将来がとても不安で・・・

このままフリーターの末路を辿ることになるのか、つい考えることがあって

といった方も多いのではないでしょうか。

30代で年収100万円台。ふと思うと辛くなってしまう瞬間も多いのでは・・・。

アルバイトは時給で働きます。
毎年一応、最低賃金の改定がありますので給与は上がっていくとはいえ大幅に年収アップするわけではありません。

その分シフトが減れば年収ダウンもあり得ます。

フリーターは希望するシフトでバイト先に入れる保証はありません。

フリーターではスキルも身に付きません
アルバイトは誰でも出来る仕事だからです。

さらには自分一人がバイト先で30代、なんだかこの頃浮いてきた気がする、といったことを感じることも増えているかもしれません。

将来、収入のことを考えると不安が大きい。
だから就職活動をしてみたけれど、30代でフリーターとなると書類選考もなかなか通過出来ないことが多く、就職活動に挫折してしまった・・・

といった方も多いのではないでしょうか。

タクシードライバーは30代フリーター、未経験者歓迎の求人が多いです。
普通自動車免許を取得して3年経っていること。

これが応募条件で、あとは面接でしっかりアピール出来れば採用される方はとても多いです。

30代フリーターが歓迎される仕事はそうありません。

タクシードライバーとして就職できれば、もちろん採用は正社員です。

歩合給ではありますがタクシードライバーの方がフリーターを続けるよりもずっと収入は安定しますし、社会保険も完備です。

タクシードライバーになる条件

タクシードライバーになるために必要な資格

未経験からタクシー運転手に転職
タクシー会社へ就職し、タクシードライバーになるための条件は、

「普通自動車免許を取得してから3年以上経過していること」

です。

大抵のタクシー会社は、この条件をクリア出来ていれば面接に進めることが多いです。

タクシードライバーは接客業で金銭を扱う仕事ですから、そうした適性は見られることにはなりますが、よほどの場合で無ければ採用してくれるタクシー会社は見つかります。

東京都のタクシー会社は約430社あります。

入社した後はタクシーに乗車するために必要な二種免許取得を目指すことになります。

二種免許取得費用はタクシー会社が負担・補助してくれる場合が多いですが、最低勤務期間などが規約にある場合もありますので、条件面はしっかり確認することが必要です。

短期で退職する場合など、二種免許取得費用の返済などが発生します。

30代フリーターの就職にタクシードライバーがおすすめな理由

30代フリーターの就職に、タクシードライバーがおすすめな理由をご紹介します。

タクシードライバーにはほぼ年齢制限が無い

タクシードライバーは50代も歓迎されます。
60代のドライバーでも健康状態に問題が無ければ採用となるケースは多いです。

それを考えると30代は若手です。

体力もありますし、高年収を目指してバリバリ働いてくれる人が多い年代なので歓迎してくれるタクシー会社は多いです。

タクシードライバーは休みが多い

タクシードライバーの働き方は今は主に3つあります。

  • 日勤
  • 夜勤
  • 隔日勤務

男性タクシードライバーの多くは隔日勤務で長時間の勤務をこなすことが多いです。

朝7時~翌2時や3時まで、といった勤務時間です。
ただ、その日は明けで休み、翌日も休みとなります。
月に2回か3回、3連休もあります。

1回の勤務時間は長いものの、明番を含めて、年間休日数は220日以上となるタクシー会社もあります。

休みが多いことからプライベートも充実させやすく、タクシードライバーで生活費を稼ぎながら夢を追いかけているという方も多いです。

自分の時間も欲しい、といったフリーターの方にはタクシードライバーはおすすめです。

毎日終電、土日も仕事・・・といったような激務な働き方になるブラック企業はありません。

タクシーは休みがしっかり取れる仕事です。

人間関係が楽

タクシードライバーは基本的に1人で営業する仕事です。

お客様を乗せると最低限のコミュニケーションは必要になりますが、それ以上を求められることはほぼありません。

最低限の礼儀(マナー)接遇ができれば問題なく、マイペースで働くことが出来ます。

会社での人間関係がイヤでタクシードライバーになった、という方は意外と多いです。

人間関係に悩まずに、マイペースで働きたいフリーターの方にもタクシードライバーはオススメの仕事です。

高収入・高年収が可能

タクシードライバーは歩合給です。

売上げも波がありますが、努力できるドライバーの方は年収500万円以上を稼げる可能性はとても高いです。

東京都のタクシー運転手の平均年収は約470万円ですが、体力のある30代など若いドライバーはさらに高年収を稼いでいることは多いでしょう。

フリーターとして年収100万円台から年収400万円、500万円を稼ぐことが出来る仕事です。
生活が変わります

30代の平均年収をタクシードライバー1年目で超える可能性もあります。

もちろんガッツリ高年収を目指す働き方ではなく、そこそこ収入を得てマイペースに働くということもタクシードライバーなら可能です。

一人ひとりに合わせた働き方がしやすいのも、タクシードライバーをおすすめする理由の一つです。

職歴なし30代フリーター 就職できない理由

30代フリーターの就職は難しい
30代、35歳を過ぎて職歴なしフリーターという場合、就職は非常に厳しくなります。

30代フリーターの正社員就職は厳しいです。

非正規 ⇒ 正社員

の就職は売り手市場の今でも厳しいものがあります。

正社員 ⇒ 正社員

の転職や第二新卒の転職はまだしやすいのですが、フリーターやニートから正社員就職、それも30代を超えると難易度は一気に高くなるといって良いでしょう。

フリーター・ニートの就職支援サービスでも、サポート対象年齢は基本的に29歳までです。

これは、30歳を超えると紹介できる正社員求人が非常に少なくなるためだからだそうです・・・。

年齢が上がるほど、求人が減ります。

30代フリーターの正社員就職が難しい理由としては、次のようなものがあります。

未経験者なら20代を採用したい

未経験者を採用して教えるのは大変な手間、時間がかかります。
せっかく仕事を教えるのであれば、30代よりも20代の方が良いという考え方はどうしてもあります。

長く活躍してくれるでしょうし、覚えも早いケースが多いです。

上司が年下になることが多く、部下として扱いにくい

35歳の新人が中途採用で入社してきた場合、職場によっては上司が20代といったことは十分に考えられます。

年齢を気にしない人も確かにいますが、「教えにくさ」「注意しにくさ」はやはりあるでしょう。

職歴なしフリーターの場合、社会人としてのマナーが身に付いていない部分もあります。
そうしたことを一々教えるのが大変で・・・といったストレスを持たれるケースもあります。

会社として、30代半ばの人材に新卒と同じ給料は払いにくい

多くの企業は年齢に応じた給与テーブルなどを持っています。

「新卒と同じ給料で良いので採用してください!」

と熱意を持ってアピールしても、現実的にそのように給料を支払いにくい、という事情が会社側にある場合もあります。

長すぎるフリーター期間を問題視される

やはり30代で職歴なし、というフリーターは何かしら問題があったと見られるケースは多いです。

何かしら問題があって正社員になれなかった人材ではないか。
就職活動をしてこなかったのであれば、やる気が無かったのではと思われてしまう。
就活をしたけれど、内定が出ずに就活を辞めたのであれば粘り強くないと思われてしまう。

いずれにしてもネガティブなイメージを持たれやすいのです。

様々な事情が絡み、職歴なしのまま30代に突入してしまったフリーターは正社員就職が難しくなってしまっているのです。

30代フリーターからタクシードライバーへの就職はどうか

新卒時に正社員就職できなかった就職氷河期世代(ロスジェネ世代)にあたる30代半ばから40代には国からの支援もあります。

しかし、今まで国の支援策で効果の高かった就職支援策はあったかというと疑問です。

過度に期待をすると、その分、時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

30代フリーター、未経験者でも歓迎してくれる仕事を自力で探そうと思った場合。

タクシードライバーという仕事は30代は若手、未経験者にも手厚い待遇があることから、運転が辛くない方には向いている仕事になる可能性が高いです。

接客も最低限のマナーを守って対応できれば、大きなトラブルになることは少ないでしょう。
(もちろんお客様にも色々な方がいますから、対応が難しいこともあるかもしれません)

しかし、そうした際の対応の仕方なども先輩ドライバーに教えてもらうなどで回避しやすくなります。

職歴なし30代フリーターとして、これからもアルバイトを続けるのは不安がある方は多いと思います。

年齢的に、未経験から正社員を狙うことが出来る職種を絞り、情報収集をすることが重要になってくるといえるのではないでしょうか。

フリーターの末路

このままフリーターを続けたとすると、将来は悲惨なものとしか言えないでしょう。

人生詰み、の状態になる可能性が高いのです。

年齢が上がるにつれて、アルバイトも見つかりにくくなります。

40代で日雇い派遣になり仕事を求めて地方へ・・・50代では体力的にキツくなると日雇い派遣も難しくなります。

この頃にはもう親も存命ではないでしょうから、援助してくれる人がいないといった状況が多いでしょう。

生活保護を受けるといった事も考えなくてはならない状況になる可能性が高いです。

しかし、生活保護を受けるにも条件があり、受給できない方もいます。

生活保護だけは絶対にもらいたくない、という方も多いのではないでしょうか。
色々なことを考えると、フリーターを続けることは将来詰む可能性を自ら高めているとしかいえません。

フリーター生活は出来るだけ若い年齢の間、就職しやすい年齢の間に脱出する必要があります。

30代フリーター歓迎、社保完備 タクシードライバーへの就職はオススメ

30代でフリーター、就職先を探しているという方の中には、

  • 高校を卒業してからずっとフリーター
  • 大学中退した後フリーター
  • 正社員を退職後、フリーター
  • 会社が倒産して就職先が見つからずフリーター

など色々な状況の方がいると思います。

20代と30代では就職のハードルの高さは全然違う、ということを一度や二度ではなく経験されているのではないでしょうか。

30代になると将来の生活について考えることもあるでしょう。

年金の支給に不安もありますが、国民年金だけでは生活はまず成り立ちません

フリーターを続けていると、老後2,000万円どころではない金額が不足

国民年金(老齢基礎年金)の満額は、年額約78万円。
月額では約6万5千円です。

フリーターの方の場合、これまでに年金を未納、つまり支払っていなかったり、免除期間もあるという方も多いかもしれません。

満額でも生活出来ないのですから、将来は厳しい生活しか見えてきません。
老後の生活が2,000万円どころでは無い金額が不足することになります。

70歳でアルバイトをし続ける将来を考えたことがあるフリーターの方は少なくないのでは?と思います。

フリーターの末路が見え始めてきてしまいます。

30代、未経験からでも就職・転職しやすいタクシードライバー

30代、未経験からでも就職や転職がしやすいのがタクシードライバーです。

もちろん正社員での採用です。
ということは社保完備の正社員求人となります。

結論として、30代からでも厚生年金に加入した方が良いです。

老齢年金を受け取るための必要な納付期間も25年から10年に短縮されました。
貰えないよりは、もらえた方が良いです。

社会保険目的もあり、正社員への就職を目指す方もいますからね。

30代、未経験。フリーター歴が長くても正社員として就職、転職しやすいのがタクシードライバーです。

⇒ 東京都 タクシードライバー求人に強い、おすすめ求人サイト

では東京都のタクシードライバー求人サイトをご紹介しています。

東京にはタクシー会社が約430社あります。
知名度の高い大手タクシー会社は新卒採用に力を入れていることもあり、30代後半フリーターの方などは中途採用が厳しくなっている可能性もあります。

中小のタクシー会社でも優良タクシー会社はありますが、自分一人で情報収集をして比較をするのが難しいのです。

そのため、東京都でタクシードライバーへ転職を目指す場合などは、タクシードライバー求人サイトを利用してアドバイスを受けながら、タクシー会社を探される方法がオススメです。

人間関係が良い、足切り(ノルマ)なし、高歩合率で高年収を稼ぎやすいなど、色々なタクシー会社があります。

自分に合ったタクシー求人をぜひ見つけてみてください。

⇒ 東京都 タクシードライバー求人に強い、おすすめ求人サイト

-フリーター就職
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2020 All Rights Reserved.