東京のタクシードライバーが稼げる理由

タクシー運転手の給料

年収600万超え多数!東京のタクシードライバーは高収入

投稿日:

年収600万以上、高収入 東京都のタクシードライバー

東京都はタクシードライバーが稼げる地域です。
全国のタクシードライバー平均年収と比べて、100万円高い平均年収となっています。

タクシー運転手(ドライバー)の平均年収は、全国では約348万円です。
東京都のタクシードライバーの平均年収は、約470万円となります。

東京には年収600万円以上を稼ぐタクシードライバーが多数います。
未経験からタクシー業界へ転職し、ドライバー1年目、2年目で年収600万円以上を達成する方もいます。

タクシードライバーとして稼ぐなら東京都、ということがよく言われます。

東京のタクシー会社へ転職をお考えの方も多いと思います。

東京都でタクシードライバーへ転職する際に、自分に合ったタクシー会社を見つけるために便利なタクシードライバー求人サイトについてもご紹介しています。

東京はタクシーが稼げる地域

東京はタクシーが稼げる地域
東京は国内で最もタクシー利用者が多いエリアです。

ビジネスでの利用も多いですし、国内外からの観光客の利用も多いです。
特に海外からの旅行者は増加しており、外国語が出来るドライバーの需要が高まっています。

観光タクシードライバーとして安定して高収入を得る働き方も増えてきていますね。

観光客にとっては東京の交通網は複雑です。
近場でも、中距離でもタクシーに乗った方が楽だし早いから、と手を挙げることは多いでしょう。

法人タクシーチケットの利用も東京は多いです。
またタクシーだと車内で仕事が出来るから、ともっぱらタクシーを利用する人も多いですね。

他の地域と比較して、それも朝から深夜まで利用客が多いためにポイントを抑えることで流しでもお客様を乗せることができ、実車率を高めることが出来ます。
地理的な難しさはありますが、東京都はタクシーが最も稼げる地域であることは間違い無い、と言えます。

年収600万円オーバー、高年収のタクシードライバーは東京都に多いのです。

年収600万でもホワイト勤務体系のタクシードライバー

タクシードライバーは高年収、特に東京都のタクシードライバーは真面目に仕事に取り組めば、想像以上に高収入を得ることが出来る地域といえます。

それでいてタクシードライバーはホワイト勤務体系です。

タクシードライバーの働き方が「キツイ」と思うかどうかは人それぞれです。

「タクシードライバーの働き方がとても楽!転職して良かった。人間関係も楽で最高」

という人もいれば、

「タクシードライバーの働き方は長時間労働。体も動かすことが少ないので、キツイ、孤独だし辛い・・・」

と思う人もいます。

しかしこれはもうタクシーの仕事が合う・合わないの問題といって良いでしょう。

一般的なイメージも後者かもしれません。

実際には、タクシードライバーはホワイトな勤務体系で働きます。

「月の勤務は11日~13日。1回の労働時間は長いけれど残業は禁止されている」

無理な勤務は重大事故につながる可能性があります。
そのためドライバーの安全、健康管理が重視されており、タクシー運転手の1勤務は法律で決まっています。

年収400万円のタクシードライバーも、年収600万円以上を稼ぐタクシードライバーも労働時間は変わりません。

東京都のタクシードライバーの1日の労働時間

タクシー運転手の労働時間ですが、厚生労働省労働基準局が決めています。

タクシー会社が違法に長時間労働をさせていたことが発覚すると、営業停止処分など行政処分になります。

長く営業すればするほど売上げが上がる可能性はありますが、行政処分は絶対に避ける必要がありますから強制的に残業は無し、ということになります。

残業時間の長さが問題になる業界も多いですよね。

IT業界、飲食業界、広告業界を始め、様々な仕事で長時間労働、休日出勤が問題になっています。
特に医師はいつ倒れてもおかしくないレベルでの勤務時間です。

仕事が終わらずに3時まで残業。
帰宅する時間がもったいないので会社に泊まる、もしくは徹夜。

またそのまま仕事が始まる・・・。

朝3時まで働いたので今日は休みます!とはなりません。

私も前職では1週間の間に帰宅したのは数回、といった働き方をした経験があります。

それと比べると、タクシードライバーは法律で労働時間が決められており、残業したくも出来ないという働き方になります。

大体、東京都のタクシー会社は大手4社をはじめとして出庫から帰庫まで19時間前後で設定している勤務体系が多いです(隔日勤務の場合)。

3時間の休憩も必ず取らなくてはなりません。

朝7時に出庫した場合、翌2時に帰庫し、後処理や洗車などを済ませ退社、となります。
明けは休み。1日休みまた次の勤務に備える事になります。

仮眠も必要ですから朝から時間を1日自由に使えるわけではありませんが、体力がある人であれば、明け休みもある程度は自由に動けますね。

タクシードライバーの1ヶ月の勤務形態

隔日勤務で働く場合、勤務終了後は継続20時間以上の休息期間が必要と決められているためです。

その次は公休もつながって2連休、月に2回は3連休があるタクシー会社も多いです。

年収600万円以上、年収800万円などを稼ぎ、月に20日前後の休みがある働き方は他の職種ではなかなか無いといえるでしょう。

年収1,000万を稼ぐ人は大抵激務です。休みが無いので使う暇が無い・・・といった話は聞きます。

タクシードライバーは休みを取ることが決められています。

稼ぎたいドライバーは公休出で13勤務をして稼ぐことが可能です。

夢を追いかける時間、プライベート重視、家族との時間を優先したいドライバーは、11勤務で休みを多めに取る勤務体系で働くことが出来ます。

有給休暇取得も比較的、自由なタクシー会社が多いです。

タクシードライバーは一人で完結する仕事ということもあります。
休んでも誰も特に影響を受けることがないため、急な休みも比較的融通が利くタクシー会社も多いため、働きやすさは抜群といって良いでしょう。

タクシードライバーに転職して高年収を稼ぐなら東京、という結論

タクシードライバーは薄給、というイメージをお持ちの方も多いと思います。

確かにタクシードライバーの平均年収は全産業の男性労働者の平均年収と比較すると低いです。

全国ハイヤー・タクシー連合会 平成30年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況のまとめ
(参考資料へリンクしています)

によると、タクシー運転手(ドライバー)の平均年収は、全国では約348万円です。

全産業男性労働者の平均年収は558万円です。

ちなみに東京都のタクシードライバーの平均年収は、約470万円となります。
だいぶ年収差は縮まりますね。

この年収だけを見ると確かに平均年収よりも少ないのですが、タクシードライバーとしてそこまで高年収を必要としない高齢ドライバーも含めての平均年収です。

30代、40代、50代とバリバリ営業し、タクシーで稼ぎたい人の年収は平均年収以上です。

年収600万円、年収800万円、中には年収1,000万円超えを実現するタクシードライバーもいます。

高年収を実現するには努力は必要になりますが、年功序列が無い実力勝負の世界だからこそ、新卒1年目も転職組も高年収を得られるチャンスがあります。

東京都は日本国内で最もタクシードライバーが稼げる地域です。

地方から東京のタクシー会社へ転職される方も多いです。
寮完備のタクシー会社も多いですからね。

地理に関しても手厚くサポートしてくれるタクシー会社が多いです。
稼いでもらわないと困りますからね。

タクシードライバーに転職して、高年収を稼ぐなら東京都といえます。

自分に合った、稼げる東京都のタクシー会社を探すなら

タクシードライバーは薄給ではなく、しっかり取り組めば高年収を稼げる仕事です。

特に東京都は高年収を実現しやすい稼げるエリアです。
(逆にいうと地方では稼ぐのは難しいです)

歩合給なので売上げが高ければ高いほど、給料が上がります。

逆になる月もあるかもしれませんが、仕事として仮説・検証をしながら売上げアップを目指すことが重要になります。

大手4社、準大手タクシー会社など高年収を稼ぎやすい環境のあるタクシー会社への転職を目指す場合、情報収集が一番重要となります。

⇒ 東京都のタクシー求人数トップクラス!転職道.COM

などを活用されると、東京都のタクシードライバー求人について効率良く、知りたい情報を得ることが出来るようになります。

利用は無料です。
情報収集にぜひご活用ください。

-タクシー運転手の給料
-

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2020 All Rights Reserved.