タクシー転職の後悔、不安

タクシー運転手へ未経験から転職

タクシー転職 後悔で多いのは?

投稿日:

タクシー転職 後悔していること

タクシー運転手として転職を考えている方の中で、タクシー業界で働くことに全く不安が無い方は少ないでしょう。少なからず、不安がある方が多いと思います。

タクシー運転手として転職した人で、後悔していることが多いのはどんなことでしょうか。
言い換えると、そうした後悔が当てはまりそうであれば、さらによく検討の上(自分のタクシー運転手への適性)でタクシー転職をお考えになるか不安、後悔に対策が出来そうなタクシー会社を選んで転職をすることなどが必要です。

タクシー運転手は合う人にとっては働きやすい良い仕事です。
40代、50代、60代も中途採用してもらいやすく歩合給ではありますが、高年収を狙える仕事というのは、そうありません。

タクシー運転手へ転職した人が後悔する事が多いことを知り、対策を考えることは転職を前にしてとても重要といえます。

タクシー転職で失敗、後悔している人は多い?

タクシー運転手に転職している人のブログ、体験談なども多く見ることが出来ますがその中でも、

タクシー運転手に転職して後悔していること

について調べ、多く見られる後悔をピックアップしてご紹介しています。

こうしたことに後悔しそう・・・と強く思われる方は、タクシー転職をもう少しじっくりとお考えになった方が良いかもしれません。

「他に仕事が無いからタクシーでもやるか」

といった気持ちの方ほど、早期退職してしまうケースは多いようです。

あとはタクシー運転手の仕事を軽く考えていたり、簡単に高年収を稼げると思っている場合には想定が甘く、仕事を辞めてしまう方も多いようです。

タクシー転職 後悔で多いのは?

タクシー運転手は中高年でも比較的、簡単に転職しやすい職業です。

東京4社、大手タクシー会社こそ新卒採用が増えてきており、40代、50代などの中途採用も厳しくなってきているようですが、まだまだその他の準大手タクシー会社、中小タクシー会社を見ると中高年の方も中途採用されやすい仕事であることは間違いありません。

タクシー運転手に転職して後悔していること、どんなことがよく見られるでしょうか。

タクシー運転手に転職して、思ったほど稼げない!

タクシー運転手は歩合給です。

求人情報に掲載されている年収事例は、転職して成功した人の年収です。
年収500万円以上は、成功しているタクシードライバーといって良いのではないでしょうか。

東京都内、大手タクシー会社の場合には平均年収が高くなる傾向はありますから、実際に稼げる可能性は高いです。

もちろん、地理を覚えたりお客様が乗りやすいポイントを抑えたり、といった努力は必須です。

タクシー運転手の仕事は、稼げる地域、稼げない地域はハッキリしています。
地方の場合には、年収の上限はすぐに見えてしまう場合も多いです。

それを考えると、東京都はタクシードライバーが高年収を得ることが出来る可能性は十分にあります

しかし、高年収の保証ではありません。
あくまで可能性です。

その中で、納得出来るだけ稼げるかどうか。
生活出来るだけ収入を得られるかどうか。

タクシー運転手に転職して、もっと簡単に稼げると思っていた・・・という方ほど、短期間で辞めたいと思ってしまうようです。

隔日勤務が辛い、長時間勤務に慣れることが出来ない

タクシー運転手の働き方の主流は、男性ドライバーは隔日勤務です。

隔日勤務の勤務時間は、例えば朝7時に出庫し、深夜3時に帰庫するような長時間勤務です。

途中、3時間ほどの休憩、仮眠時間を取りますがそれでも長時間勤務であることは間違いありません。

「慣れると休みも多いしタクシーは楽だよ」

というドライバーも確かに多いです。

しかし、どうしてもこうした隔日勤務の長時間勤務に慣れることが出来ない方もいます。

その場合、昼日勤に勤務形態を変えてもらったりする必要はあるでしょう。

人間関係のストレス

タクシー運転手は仕事に出れば一人、人間関係が楽、とはよく言いますが人間関係が全く無いわけではありません

お客様を乗せれば必要なコミュニケーションはあるでしょう。
無理に話をする必要は無いですが、お客様に合わせて会話をすることは必要です。

一方的に喋ってしまうのは最悪です。
特にお客様が聞きたくないような愚痴を喋り続けるドライバーも一部にはいます。

そうなると、クレーム案件になってしまいやすいです。

またタクシープールで同じタクシー会社のドライバーがいればコミュニケーションを全く取らない訳にはいかない時もあるでしょう。

意外と、人間関係で気を遣う場所はあるといえます。

そのためコミュニケーション能力は最低限は必要といえるでしょう。

とはいえ、他の職種と比べて一人の時間が長いことは間違いありません。

一人の時間も大丈夫、人間関係も最低限大丈夫、といった方はタクシー運転手の仕事は向いているのではないでしょうか。

仕事が単調で飽きる

どんな仕事でも慣れてくるとルーチンワークになりやすいですが、タクシー運転手の仕事は比較してもルーチンワークといえます。

お客様を乗せて、目的地まで運ぶ

この繰り返しです。

タクシー運転手は、異動しない限りはいつまで経ってもこの仕事の繰り返しです。

責任が上がり、業務内容が増えることはありません。

飽きないように自分なりに工夫することが必要です。
新しい得意エリアを開拓したり、目標設定をして達成に向けて自分でモチベーションを上げることも重要でしょう。

常に仕事の刺激が欲しい、キャリアを積み重ねたい、という方はタクシーは選んではいけない仕事かもしれません。

だからこそ、タクシー運転手は年功序列無し、学歴も重視されることはありません。

収入が安定しない

タクシー運転手の仕事は歩合給です。

そのため、特に転職しと直後は目標売上げに達成出来ずに悩むドライバーも少なくありません。

だからこそ、タクシー未経験の方は「給与保障制度」のあるタクシー会社を選ぶことが重要です。

東京都であれば、

「3ヶ月間、35万円給与保障あり。または1年間、月収30万円の給与保障あり」

といったタクシードライバー求人を中心にお探しになってみてください。

東京都のタクシー求人数トップクラスの転職道.COMなどを利用することで効率良く求人情報を探すことが出来ます。

給与保障期間中にしっかりと道を覚え、売上げのベースを作れるエリアを持つことがその後のタクシー運転手としての稼ぎに直結してきます。

週末、大型連休は基本的に休めない

タクシー運転手の繁忙期は週末、大型連休など世間が休みの時期です。
そして年中無休です。

365日、タクシーは走っています。
(年末年始も)

明けもありますし公休もありますので、確実に何日かは休みが取れますが、連休を作るのは難しいです。

給料が下がっても良いのであれば、タクシー運転手は連休は作りやすい仕事ですが給料が下がると生活が苦しくなる・・・となれば、やはりタクシーに乗務しますよね?

基本的には週末、大型連休は仕事になります。

とはいえ、休みのことを言ってしまうと他の接客業、販売職の方も同様に忙しいです。
タクシー運転手以上に忙しい方も多いといえます。

選んだ仕事がそう(週末、大型連休に忙しい)だから、としか言えない部分もあります。

週末に遊びたい、家族と過ごす時間を絶対に取りたい方は、そもそもタクシー運転手の繁忙期になってはいけないのかもしれません。

タクシー転職 後悔で多いのは?まとめ

一つ言えるのは、どんな仕事でも大変なことはあり、それが自分として許容範囲なら仕事を続けられるということです。

実際、勤続年数が長いドライバーも多いですしね。

どんな業界、仕事でも早期退職する人はいます

入社1日目で来なくなった・・・といったケースもありますからね。

選んだ職業に対して、要は合う・合わないといった仕事への適性をしっかりと見極められなかったということになるのではないでしょうか。

中途採用されやすい仕事だとは考えず、タクシー運転手への転職は最後の転職、という意識を持って自分に合ったタクシー会社を選ぶことがとても重要になります。

経営陣、管理、配車、整備などタクシー会社にも多くの人が働いています。
人間関係が皆無なわけではありませんよね。

人間関係が良く先輩ドライバーが面倒見が良い働きやすいタクシー会社もあります。

これからタクシー運転手として転職をお考えの方は、そうした求人票に載らない部分も重視して情報収集をされることをオススメします。

そのための転職活動の方法として、

⇒ 東京都 タクシードライバー求人に強い、おすすめ求人サイト

でご紹介しているようなタクシードライバー求人サイトの活用をオススメしています。

-タクシー運転手へ未経験から転職
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.