入社祝い金、いつもらえる?

タクシー求人

タクシー転職、入社祝い金 いつもらえる?

投稿日:

タクシー入社祝い金いつもらえる

タクシー会社に転職する場合、特典として入社祝い金(転職支援金、生活準備金などいうことも)があるタクシー求人を多く見ることが出来ます。

試しにとあるタクシー転職サイトで「入社祝い金あり」を条件に東京都のタクシードライバー求人を調べてみたところ、東京都の全掲載求人数と「入社祝い金あり求人」の件数がそこまで大きく変わりませんでした。

それだけ多くのタクシー会社が特典として入社祝い金を支給しているということになります。

転職希望の方には、まとまった金額の入社祝い金は、転職後の生活に役立ちますね。

せっかく入社支援金がもらえるタクシー会社が多いのですから、できるだけ高い入社祝い金がある求人を見つけたいものです。

入社祝い金がいつもらえるか

また、入社祝い金ありタクシー求人が多く掲載されている、おすすめタクシー転職サイトもご紹介しています。

タクシー転職 入社祝い金いつもらえる?

入社祝い金とは、転職サイトを通してタクシー求人に応募、タクシー会社に採用してもらえると支給して貰える特別手当のことです。

タクシー会社が独自でも入社祝い金を支給している場合もありますが、タクシー転職サイトを通して求人に申し込むと、

「タクシー会社+タクシー転職サイト」

2カ所から入社祝い金が振り込まれる求人もあり、トータルで高額な支援金になるケースもありますので、まずはタクシー転職サイトをチェックされることをオススメします。

入社祝い金ありタクシー求人を見つけるなら

入社祝い金ありタクシードライバー求人を見つけるなら、求人数が多い以下のタクシー転職サイトが便利です。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

入社祝い金がもらえるタイミング

入社祝い金がいつもらえるか、というと入社してすぐに支給されるわけではありません。

一般的には入社祝い金の支給時期は「所定期間の勤務状況」を確認した上で支給となります。

所定期間の勤務、というのは実際に乗務開始になったことを確認してから、といった場合が多いですね。

タクシー会社の求人へ応募、入社

2種免許取得

地理試験合格

各種研修終了

乗務開始

入社祝い金の支給

といった流れが多いようです。

入社祝い金の支給のタイミングも、

入社後に10万円。
本採用後に10万円。
入社1年後に10万円。

計30万円を支給、といったようにタイミングがずれて支給されるタクシー会社も多いので、事前に確認が必要です。

入社祝い金とは

入社祝い金はこれから自社のタクシードライバーとして頑張って働いてくれる人に支給するお金です。

入社してすぐに支給して、ドロンと短期退職されては困ります・・・。

また基本的な約束として、入社して1年、2年など辞めないこと、といったルールがある場合も多いです。

「入社後1年以内に自己都合で退職する場合は全額を返還」

といった誓約書が取られる場合もありますので、その際は退職時期には注意された方が良いでしょう。

その前に辞める場合、入社祝い金の返還を求められることになります。

入社祝い金が高額な場合には、一時に支払うのも難しい金額となることも考えられます。

万が一に備えるという意味でも、普段から給与はコツコツと貯める習慣を身に付けておきたいですね。

タクシー転職サイトの入社祝い金+タクシー会社の入社祝い金

タクQというタクシー転職サイトでは、求人によってはタクQから入社祝い金、そして入社することになるタクシー会社からも入社祝い金(入社支援金、奨励金などの場合も)が支給される求人が多数あります。
(そうでは無い求人もありますので注意は必要です)

合わせると高額な入社祝い金になるタクシー求人が多数あります。

業界で最大級の入社祝い金付き 優良タクシー求人の【タクQ】

東京都のタクシードライバー求人、高額な入社祝い金の金額は?

東京都のタクシードライバー求人の多くは、

入社祝い金あり

となっています。

タクシー業界全体として、入社祝い金ありがスタンダードになっていますから、無しでは応募者が無い、といった事情もあるのでしょう。

また入社祝い金によって勤務期間の縛りを設ける、といった意味もあると考えられます。

求職者としては入社祝い金は生活に役立ちますので、高額な方が嬉しいものです。

東京都のタクシードライバー求人で入社祝い金が高額な求人になると、40万円などの入社祝い金となります。

ただし、複数回に分けての支給となることが多いですから、入社祝い金を当てに出費をお考えの場合にはタイミングについて事前にしっかり確認されることをおすすめします。

長く働きやすいタクシー会社への転職が大切です

高額な入社祝い金は、新たに東京へ上京しての生活にも役立ちますし、家族の生活のために使う、という方もいらっしゃるでしょう。

中には借金の返済に充てる・・・といった方もいるかもしれません。
前職で自営業・社長、という方は借金を背負って廃業、タクシードライバーへ転職といったケースもあるようです。

もちろん、入社祝い金の使い道は自由ですから、一番必要な使い方をされて大丈夫です。

入社祝い金が高い金額であることも魅力的ですが、本当に重要なのは入社して、高収入を稼ぎ続けることです。

人間関係が良く、働きやすいタクシー会社へ転職することです。

よく営業に出れば一人で人間関係の煩わしさが無い、とタクシードライバーは言いますが内勤スタッフとのコミュニケーションは必要です。

タクシープールでも同僚とコミュニケーションを取る事もあるでしょう。

先輩ドライバーが優しく面倒見が良いと、稼げるエリアなどを教えてもらえる機会も多いです。

入社祝い金も大切ですが、それ以上に「働きやすいタクシー会社」を見つけることもタクシー転職に成功するには重要といえるでしょう。

タクシードライバーは体力的には期間工や重い荷物の上げ下ろしがあるトラックドライバーよりも負荷が少なく、50代、60代になっても続けやすい仕事です。

前職も様々。
色々な経歴を持つ方が活躍されています。

学歴、経歴不問、中高年歓迎、地方出身者歓迎という東京都のタクシー会社はとても多いです。

これからの仕事どうしようかな、という方もフリーター・ニート期間がある方も、広く採用されるタクシードライバー求人を探すには、

⇒ 東京都 タクシードライバー 求人サイトおすすめ

でご紹介しているようなタクシー業界専門の転職サイトの活用がおすすめです。

-タクシー求人
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.