タクシードライバーの働き方

タクシードライバーの働き方

タクシードライバー 隔日勤務 きつい?

投稿日:2019年8月10日 更新日:

タクシードライバー 隔日勤務の勤務、きつい?

タクシードライバーは隔日勤務という働き方が主流です。

長時間、乗車することになりますからタクシードライバーにとって隔日勤務はきつい働き方なのでしょうか。

タクシードライバーへの転職に興味を持ち、求人を調べている方も多いと思います。

東京都のタクシードライバーの平均年収は470万円以上。あくまでこれは平均年収で稼ぐ方は年収500万円以上を稼いでいます。

タクシー転職、隔日勤務はきついのかどうか。
勤務時間はタクシー会社によって様々ですが、朝7時~翌3時などまで乗車することになります。

しかし、隔日勤務には休日が多いというメリットもあります。

タクシー運転手の隔日勤務はきつい?休日数や勤務時間、メリット・デメリット、タクシー運転手の声も含めて働き方についてご紹介しています。

タクシードライバー 隔日勤務はきつい?

タクシードライバーの勤務形態は3つあります。

  • 昼日勤
  • 夜日勤
  • 隔日勤務

です。

この中でタクシードライバーの働き方で主流となっているのが「隔日勤務」です。

文字通り、1日おきに勤務する勤務形態で、1回の乗車時間が長い働き方となります。
1回の勤務で2日分働くので、明けが休み。公休もついて2連休、3連休が月に何度かあるというのが隔日勤務で働くタクシードライバーの特徴的な働き方です。

この隔日勤務という働き方ですが、多くのタクシードライバーは「慣れたら楽」と言います。

「トラックのように重い荷物の上げ下ろしも無いし、休憩も自由に取れる」

ので慣れたら楽だよ、という話を多くのドライバーがされます。

確かに60代のドライバーも多く隔日勤務で働いていますから、体力的には慣れたら問題無いのでしょう。

隔日勤務は休日が多く取れるため、他にやりたい事、趣味に時間をかけたい方、夢を追いかけるために収入も時間も欲しい方にも向いている働き方と言えます。

隔日勤務は月の勤務日数は11日から多くても13日となります。
1ヶ月に11日勤務の場合、休みは20日などあります。

連休が多いことがタクシードライバーの働き方のメリットの一つですね。

休日が多く取れて長時間の無理な残業が無い、ということもタクシーへ転職する方に多い理由です。

隔日勤務の勤務時間

タクシードライバーの主流の働き方である隔日勤務、勤務時間について具体的にみていきましょう。

例えば、

タクシー求人サイトで知名度も高く転職希望の方の多くが利用する、

⇒ 転職道.COM

ではタクシー大手4社の中の一つ、日本交通の求人も掲載されています。

日本の勤務カレンダーを一例に見てみますと、明け番+公休+公休の3連休が月に2回、2連休もあります。

タクシードライバーの勤務、休日

1回のタクシーへの乗務時間は確かに長いですが、不思議と早く勤務が終わる、というドライバーも多いのです。

同じところをずっと走っている訳ではないですし、お客様を乗せると目的地へ向かいます。

道を覚えるために意識もしますし、運転に疲れてきたら休憩や仮眠も取ります。
隔日勤務は3時間程度の休憩を含む、1勤務20時間ほどの働き方となります。
朝7時に出庫して、良く2時に帰庫するといった働き方です。

原則、21時間以内と定められているため、こうした勤務となります。

24時間勤務することなどは法令で禁止されています。
タクシー運転手の仕事は事故を防ぐために配慮、時間管理がきっちりされているためです。

そのため、タクシー会社は勤務時間を30分単位、1時間単位でずらして24時間体制にすることが多いです。

出庫時間が朝6時、7時、8時~選ぶことが出来る、といったことになります。
帰庫時間もタクシー会社によって異なりますので、タクシードライバーの求人はしっかり確認、比較をされることをおすすめします。

隔日勤務は1日の勤務時間が原則「21時間以内」と法律で定められています。

休日も多く取れますし、無理な残業が無いホワイトな働き方が出来るということから、若い世代でもタクシードライバーへ就職する方が増えています。

仕事選びの際、残業、休日数を重視、プライベートも大切にしたい方が増えてきているのが最近の特徴と言えます。

女性タクシードライバー(女性ドライバーは日勤が主流です)も少しずつ増えています。

タクシードライバーに転職して最初はキツイ隔日勤務、次第に慣れます

タクシードライバーに転職すると、通常の勤務は隔日勤務です。

隔日勤務の働き方をするような仕事はなかなかありませんよね。
(夜勤が頻繁にあったお仕事の方は、タクシードライバーが楽に感じるようです)

そのため転職の際、

隔日勤務の働き方でやっていけるかな・・・?

と不安になる方は多いと思います。

隔日勤務は稼げますからね。

しかし、多くのタクシードライバーが言っていますが、2,3ヶ月もすれば隔日勤務の働き方にも体が慣れてくるし、かえって休みが増えるので時間を取りやすくなります。

休憩の取り方も自分なりに工夫が出来るようになってきますから、夕方、夜のピーク時間に合わせて休みのリズムも出てくるようになるでしょう。

タクシー会社は法令遵守に厳しく、売上げを煽ることもありません。

今は定着率を上げるために多くのタクシー会社が工夫を行っています。

また、タクシー会社によっては日勤に変えてもらえるケースもあるようです。
どうしても隔日勤務だと体がキツイ、給料が下がっても良いから日勤に変えたい、といった場合には上司、管理職に相談をされてみると良いかもしれません。

タクシードライバーは50代、60代でも隔日勤務で勤務を続けている方が多い仕事です。

最初はキツイ隔日勤務も、次第に働き方に慣れてくるといえます。

タクシードライバー 隔日勤務の休日について

隔日勤務は休日数の多い働き方となります。

タクシードライバーに転職される方で多いのが、

前職が残業が多すぎて家族との時間が取れなかった・・・

といった方。

タクシードライバーは休日がしっかり取れるため、家族との時間が確実に増える働き方ができます。

隔日勤務の勤務日数は、月に11~13回となります。
つまり残りは休みです。

年間休日は220日~230日といった働き方です。

1日 出勤
2日 明け休
3日 出勤
4日 明け休
5日 公休

といったように2連休もありますし、さらに指定休という休みがあります。
先ほども日本交通の勤務カレンダーを例に見ましたが、3連休も月に2回程度あります。

毎月3連休が数回ある働き方は、普通に正社員として働く場合には無いといえるでしょう。

そのため、趣味の時間もしっかり欲しい。
音楽、絵、プロスポーツ、小説、WEBなど夢を追いかける時間や資格取得のためにも安定した収入を得ながら、時間も欲しい、といった方がタクシードライバーとして働きながら、といったケースも実は多いです。

中には時間が取りやすいことから、副業をしている方もいるようです。
副業と合わせて年収1,000万といった目標を持って活動している方も。
(安全第一の仕事ですから、無理は禁物なのは前提です)

有給も他の職種と比べるとタクシー運転手は取得しやすいことも、メリットでしょう。

都内でタクシードライバーをやる場合、年収500万円を切る方が難しいというドライバーもいるくらいです。

タクシー 隔日勤務と夜勤、どちらが高収入?

東京でタクシードライバーとして転職する方の多くは、高年収も期待して転職をお考えだと思います。

地方から東京へ上京してタクシードライバーになる方も多いですよね。

タクシードライバーはどういった勤務体系を選ぶかで収入、年収が変わってきます。

  • 昼日勤
  • 夜日勤
  • 隔日勤務

3つ勤務体系があります。

高年収を得たい場合には、お客様が増え売上げが高くなる夜間帯に乗務することが欠かせません。

そのため、夜勤や隔日勤務で働かないと高収入は難しいといえます。

深夜帯は割増料金にもなりますし、タクシー需要が増える時間帯ですね。

終電を逃した方、飲んで帰宅するためにタクシーを利用する方。

残業で終電が終わってから帰宅するためにタクシー、という方もいるでしょう。
(もしかしたら、今の自分・・・という方もいるかもしれません)

金曜、休日前の夜間は稼ぎ時です。

今だと、帰り道が暗いから治安を考えてタクシーで家の前まで帰りたい、などのニーズもあるでしょうね。

昼間と比べて夜間の方が売上げは上がります。

高年収を稼ぐタクシードライバーは隔日勤務か夜日勤です。
夜勤専門のドライバーとして働く方もいますね。

もちろん転職したてではお客様が多いエリア、流しで見つかりやすいエリアは把握できていませんから、先輩ドライバーや上司からアドバイスをもらいながら覚えていく必要はあるでしょう。

人間関係の良いタクシー会社で働くことが出来ると、こうした部分でも売上げの立ち上がりは早くなりそうです。

東京都のタクシードライバーの求人を探す

東京都は国内で最もタクシードライバーの平均年収が高いエリアです。

稼ぐために東京でタクシーに転職しよう、という方も多いのではないでしょうか。

タクシー運転手は勤務時間について法令で定められており、残業が無い仕事です。
ホワイトな働き方が出来る、と20代のドライバーや大卒新卒のドライバーもタクシー大手4社を中心に増えつつあります。

タクシードライバーの働き方の主流である隔日勤務は、確かになれるまでは大変さはあります。
睡眠時間も不規則になりますから、その対策も必要かもしれません。

しかし、隔日勤務も慣れれば休みも全然多いし、楽、というドライバーは多いです。

タクシー運転手の隔日勤務がキツイかどうかは、前職の大変さによるところは大きいと言えますね。

前職、今まさにそう、という方もいらっしゃるかもしれませんが、毎日残業で終電、土日も仕事でいつもどちらか潰れている。
それでいて残業代も出ない、上限があって・・・といった場合には、タクシードライバーの仕事はメリットが大きく感じられるのではないでしょうか。

タクシー運転手への転職、といっても様々勤務体系があり、給与体系があります。

希望の働き方に合わせてタクシー会社を選ぶことが、とても重要です。

少し短めの勤務時間で帰庫したい、休日数を多く確保したい。
3連休が多めの勤務が良い。

また、高年収を目指したいので完全歩合や歩合給の率が高めのタクシー会社で働きたい、稼ぎたいといった方もいるでしょう。

タクシー運転手への転職は、どういった働き方をしたいかで転職先を選ぶことが重要となります。

とはいえ、未経験からタクシー会社の求人をそれぞれ比較するのは難しいです。
特に入社してからの働き方は、具体的にはなかなか情報が得られないことも多いです。

そのため、タクシードライバー求人サイトを利用して、情報収集されることをオススメします。

利用者満足度1位、タクシードライバー求人サイト

⇒ 転職道.COM

転職道.COMはタクシー求人サイトで利用者満足度1位を獲得した求人サイトです。
タクシー業界に詳しいコンサルタントが希望に合った働き方が出来るタクシー会社を探してくれます。
利用は無料です。

東京都だけではなく、全国のタクシードライバー求人を探すことも可能です。

-タクシードライバーの働き方
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2020 All Rights Reserved.