タクシードライバーへの転職、不安なこと

タクシー運転手へ未経験から転職

タクシードライバーへの転職で不安なこと

投稿日:

東京でタクシードライバーへ転職する際の不安

タクシードライバーは転職しやすい仕事です。
未経験者歓迎、女性歓迎、40代、50代、60代の中高年も歓迎しているタクシー会社も多いですね。

東京都には今、439のタクシー会社があり非常に多くのタクシードライバー求人が求人サイトに掲載されています。

タクシードライバーへの転職を検討されている方も多いと思います。

どんな職業への転職であってもそうですが、特に未経験、異業種転職をする場合には不安はつきものです。
特に東京は地理が複雑です。

ここでは、タクシードライバーへの転職で多い不安、その不安に対しての対策や解消法などをご紹介しています。

実際の働き方に基づいたアドバイスをもらうには、タクシー業界に詳しいコンサルタントに相談できるタクシー求人サイトが便利です。

東京の大手タクシー会社を含め、タクシードライバー求人を実際にお探しになる場合には、

⇒ 東京都 タクシードライバー 求人サイトおすすめ

の活用がおすすめです。

タクシードライバーへの転職で不安なこと

タクシードライバーへ転職する場合、他の仕事に転職する場合よりも多くの不安があるかもしれません。

ここでは、タクシードライバーへの転職で多く見られる不安をピックアップしてご紹介しています。

不安に思っているだけでそこまで心配しなくても良い事は多いと言えます。

タクシードライバーに転職して、しっかり稼げるか不安

タクシードライバーに転職する時の不安として、

稼げるか不安・・・

という方は多いでしょう。

前職の年収が高い場合(1000万円レベル)になると同程度の年収を稼ぐのはタクシードライバーでは難しいかも知れませんが、年収500万、年収600万円は十分に東京都では稼ぐことは可能です。

大手タクシー会社の1年目のタクシードライバー平均年収は400万円台後半です。

東京都の法人トップドライバーは年収800万円~1,000万と言われます。

この年収額を目標としてタクシーの仕事を頑張るのはありではないでしょうか。
給与保障期間中にしっかり稼ぎ方を学び、その後も継続して努力が出来れば東京はタクシードライバーが高年収を得られるエリアです。

東京でタクシー運転手するには地理が不安

東京は地理が複雑です。

地方から稼げる東京都のタクシードライバーに転職しようと上京をお考えの方も多いと思います。

とにかく道が不安、お客様を乗せて間違った道を走ったらどうしよう・・・
不安は尽きません。

しかし大丈夫です。

給与保障制度を取っているタクシー会社も東京には多く、その期間中は売上げを上げるよりも道に慣れることがメインです。

研修期間中も側乗りで指導係が走る際の注意点、お客様が多いエリアなどを教えてくれるでしょう。

東京の地理に不安な方は、教育・研修体制が手厚いタクシー会社を選ぶのも方法です。

お客様も「転職したばかりで道が不慣れで・・・」といえば、丁寧に道を教えてくれたり、応援してくれる方も多いです。

お客様とのトラブルが不安

タクシーといえば、どんなお客様を乗せることになるか分からない、という不安もあります。

正直、客層が悪い地域もあります。

夜間は稼げるとは言え、酔っ払ったお客様で面倒な方はいます。
ずっと文句を言いっぱなし、目的地を言ったと同時に寝てしまう、クレームが多い、乗車賃を払いたくない人、など・・・

タクシー会社には過去の様々なトラブルから対処法が蓄積されています。
研修時にそうしたトラブルの対応を学びますし、先輩ドライバーが客層の悪い避けた方が良いエリアなどを教えてくれる事もあるでしょう。

トラブルはタクシードライバーには付きものですから、対応を学ぶしかありません。
未然に防ぐことも必要です。

とはいえ接遇、お客様へのマナーをしっかりすることで多くのトラブルは避けられる場合が多いです。

タクシー業界の将来への不安

タクシー業界は規制緩和などによって影響を受けやすい業界です。

それに開発が盛んな自動運転、無人タクシーの登場も気になる所です。
とはいえ、実用化されるのはまだまだ先でしょうし、東京の人波を自動運転で走れるのかも疑問なところです。

特に東京の人、車、自転車が行き交う道を自動運転の車が動けるのか、難しいのではないでしょうか。

雇用が奪われる、といった点に関してはまだまだ将来的には大丈夫ではと考えます。

フリーター・ニート期間が長いので採用されるか不安

フリーターやニートを脱出するために、タクシードライバーへ転職を考えているという方も多いかもしれません。

フリーター歴、ニート歴が長いので採用されるか不安・・・正社員経験無し、職歴なし。

そうした方であってもタクシードライバーとして採用してもらえるタクシー会社は多いです。

タクシードライバーになるには、現状では普通免許取得後3年経過していること。
あとはお客差と最低限コミュニケーションが取れること、健康で運転に支障がないことなどが条件でしょうか。

ペーパードライバーの方は、練習しておくことが必要かもしれません。
東京は特に地理が複雑で、ペーパードライバーのタクシードライバー転職はさすがに採用は難しいといえます。

30代、40代フリーター・ニートの方の就職、転職先としてタクシードライバーという選択肢はありでしょう。

東京都には非常に多くのタクシー会社があります。
どういったタクシー会社の求人へ応募出来るか、相談されてみてはいかがでしょうか。
メールでの相談も可能です。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

タクシー乗務中の事故が不安

タクシードライバーといわず、ドライバー職への転職で心配なことで多いことに、やはり「事故への不安」があります。

一般に人よりも多い乗務時間となりますから、事故に遭遇する確率も高くなるのは仕方ありません。

自損、他損に限らず1日中、300キロ以上乗る日も多い仕事ですから無事故無違反がいかにスゴいかということになります。

タクシードライバーの安全運転に関しては入社後の研修でしっかりと学ぶことが出来ます。

乗務中は無理な運転はしない、違反にも気をつける必要があるでしょう。

また、事故を起こしてしまった場合のことを考えると、事故補償のあるタクシー会社を選んでおくことが重要です。

求人へ応募前に事故時、どういった事故補償になるか確認しておきましょう。
タクシードライバーの負担は一部、上限ありの場合が多いと思いますが、タクシー会社によってはドライバーの負担が非常に大きくなっている場合もあります。

タクシードライバーにとっては免許はとても大切です。
運転できないと仕事が出来ません。

運転時に注意力が落ちないように、適度に休憩・仮眠を取ることも大切になります。

タクシードライバーは勤務時間が長いので、体力的に不安

タクシードライバーの働き方で主流は「隔日勤務」という働き方です。
朝7時に出庫して、翌日2時に帰庫するといった長時間勤務です。

出庫準備、帰庫処理、洗車も含めて20時間ほどの拘束時間となります。

しかし乗車中には最低3時間以上の休憩がドライバーには義務づけられています。

食事休憩、仮眠、ストレッチなど1日の流れを考えた上で好きなタイミングで休憩を取ることが出来ます。

隔日勤務の1勤務が終われば、最低20時間の休みを取ることが定められています。
明け番と言われますが、これに公共がつくことが多いので月に2連休は多いです

3連休を月に2回、といったタクシー会社も多いです。

隔日勤務の場合、1ヶ月の最大勤務数は13回まで。
11日~12回の勤務が一般的です。

残りは休日となります。

有給休暇の取得も比較的、自由なタクシー会社も多くプライベートを充実させやすいといえます。

タクシードライバーへの転職で不安なこと、まとめ

タクシードライバーへ転職する際、得られる年収や働き方、体力的なことなど色々な不安があると思います。

転職が成功するか、失敗するかはタクシー会社選びによって決まる、と言われます。

不安の多くは研修中に解消できますし、先輩ドライバーからも知恵をもらい対策を取れることが多いためです。

タクシードライバーへの転職とはいえ、人間関係の良いタクシー会社を選ぶことも重視されることをおすすめします。

事故補償などドライバーの負担が軽いタクシー会社を選ぶ事も、万が一を考えると大切ですね。

そのため、次のようなタクシー業界に詳しいコンサルタントに相談をしながら転職先を探すことが出来るタクシードライバー求人サイトの活用をオススメしています。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

こうしたタクシー業界に特化したタクシードライバー求人サイトは、掲載している東京都のタクシー会社も多いため情報収集にも便利です。

タクシードライバー転職 関連記事

タクシー転職 後悔で多いのは?

タクシー運転手として転職した人で、後悔していることが多いのはどんなことでしょうか。
タクシードライバーに転職して後悔したこと、について掲載しています。
これからタクシードライバーへ転職をお考えの方は、ぜひ一度目を通されることをオススメします。

-タクシー運転手へ未経験から転職
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.