タクシードライバーの不安、複雑な東京の道

タクシードライバー成功のポイント

タクシードライバーの道の覚え方

投稿日:

タクシードライバーの道の覚え方

タクシードライバーとして未経験から転職をお考えになる場合、不安なことの一つが道がよく分からない、ということではないでしょうか。

特に東京都は道が複雑です。
道路も新しく増えることもありますし、ルートが変わることもあります。
常に頭の中の道路もアップデートすることが必要です。

タクシードライバーに対して、道を完璧に把握しているプロだと思っているお客様はもいて過度なプレッシャーを受けたり、道を間違うことによるクレームなどを頂戴することもあります。

新人ドライバーの方が道を覚える際によく言われること、道の覚え方についてまとめています。

全車カーナビ装備、といったタクシー会社も多いですが実際にカーナビを毎回使うわけでは無いですしカーナビは遠回りルートを提示することも多いので使えないことも多々あります。

タクシードライバーの道の覚え方についてまとめています。

好条件、タクシードライバー求人を見つける方法

入社祝い金ありなど好条件!タクシー求人を見つけるなら

好条件、入社祝い金あり、給与保障制度が長い、寮完備、といった好条件のタクシードライバー求人を見つけるなら、求人数が多い以下のタクシー転職サイトが便利です。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

タクシードライバーも最初は道がよく分からない!

これからタクシードライバーへ転職しようという方の中には、道を覚えるのが苦手で・・・といった方もいるかもしれません。

しかしタクシードライバーになるからには道が分からない、では済まされません。

ここではタクシードライバーの道の覚え方でよく言われるものをご紹介しています。

車内のベテランのドライバーに道の覚え方を聞いても同様なことを言われる場合も多いと思います。

少しずつ、道を覚えていきましょう。

主要建物を運転して覚える

東京都の観光名所
ベテランのタクシードライバーに効率の良い道の覚え方を質問すると、多く帰って来る答えが「主要建物」を覚えることです。

営業エリアにはそれぞれ、お客様がよく目的地として指定する主要建物(観光名所、有名店、駅)などがあります。

まずは現在どこにいたとしても、主要建物は目指せるようにすることがポイントです。

タクシードライバーであれば流しながら、今日はこのエリアの道を覚えよう、主要建物に行ってみよう、など道を覚えることが出来ます。

目印を自分なりに作り、覚える

目印を造り、道を覚える
タクシードライバーとして日々営業をしていると、目印にできそうな建物、交差点、ポスト、飲食店などが見つかると思います。

飲食店は廃り流行りがありますから、急に無くなっていることもありますので注意は必要です。

自転車でルートを回る

もし出来るなら、とおすすめされることがあるのが「自転車でルートを回る」ことです。

車で回るよりもゆっくり、周りを確認しながらルートを回ることが出来ます。

またタクシードライバーは運転不足になりがちですから、良い運動にもなります。

道の名前を覚える

カーナビで道の確認
タクシーに乗車されるお客様の中には、道の指定をする際に、道の名前をいう方もいます。

国道何号線、●●通り、●●線に向かって、など。

タクシードライバーとして、少しずつでもそうした道の名前を覚えるようにしていきましょう。

目的地にも向かいやすくなっていきます。

道を復習する

タクシードライバーは毎日多くのお客様をお乗せします。
そのため、様々な道を汗をかきながら走るため、昔通ったルートを忘れてしまうことも多いです。

そのため出来る限り、道を復習することが大切になってきます。

とはいっても地図を見てルートを再確認しながら、というのは大変です。
20時間勤務を終えて帰ってきた後に、そこまでするのも無理でしょう。

頭の中で、あの目的地へ行くための目印になりそうなものは・・・など復習をコツコツすることが重要となります。

後日、流しをしながら同じ道を走ることも道を覚えるためには効果的です。

お客様に道を教えてもらう

人から聞いた道、というのは案外覚えていることが多いです。

それもお客様から教えてもらった道は印象に残ることも多いため、覚えやすいというドライバーも多いです。

初めて行く不慣れなエリアで道がよく分からない場合、タクシードライバーに転職したばかりで道が分からない場合。

素直に「道がよく分からないので、教えていただけますか?」と聞いた方が良い場合は多いですね。

思った以上に丁寧に教えてくださいますから、不安な場合には聞くのが一番良いでしょう。
遠回りしてクレームを頂くのは避けることが必要です。

結局は、道路を実際に走って復習して覚えることが一番の近道

タクシードライバーとして道を覚えるには、一番はやはり実際に何度も走って頭に地理を入れることです。

ただ漠然と走っているだけ、カーナビに頼って車を走らせていては覚えるのが難しい、ということになります。

今、ベテランのドライバーで裏道をたくさん知っている方も、最初から道のプロだった訳ではありません。

長年培ってきた経験があり、今があります。

焦っても一気に道を覚えるのは難しいですから、少しずつ確実に、道を覚えていくようにしましょう。

そのためにこそ、多くのタクシー会社には未経験から転職する方向けに、給与保障期間があります。

給与保障が高額、保証期間が長いタクシー会社の求人もあり

タクシー会社によっては半年~1年など長期間、高給与を保証してくれるところもあります。

この期間に出来る限り、多くの道を覚えるようにしましょう。
合わせて先輩ドライバーから聞いたりしてお客様を乗せやすい東京の稼げるスポットについても抑えることが出来ると良いですね。

給与保障制度が手厚い、教育・研修体制が整っているといった条件からタクシー会社を探すには、求人数が多い以下のタクシー転職サイトが便利です。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

ぜひ情報収集にご活用になってみてください。

-タクシードライバー成功のポイント
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.