タクシードライバーへの転職の不安

タクシードライバーの働き方

タクシードライバーの仕事はきつい?

投稿日:

タクシードライバーの仕事、何がきつい?

タクシードライバーの仕事はきつい、と言われます。
よく言われる「きつい」をご紹介いたします。

しかし、乗車したタクシーでドライバーさんに聞くと、そんなにキツくない、むしろタクシードライバーの仕事は私には楽だし楽しいよ、という話が多かったのです。

結局、何と比較して仕事がキツいのか、という結論になりました。

タクシードライバーの仕事、求人を見ていると高年収、楽そうに稼げるイメージをつい持ってしまう方もいるかもしれません。

しかしそんな楽な仕事はそうそうあるものではないです。

どんな仕事も大変さがやっぱりあるものです。

辞めていく人は『思っていたより』タクシードライバーの仕事がきつい、ということのようです。

タクシードライバーの仕事がきつい、と言われる理由

タクシードライバーの仕事がきつい、といわれる主な理由についてさっそく見ていきましょう。

逆にこうしたことが乗り越えられそう、なんとかなりそう、と思えるようでしたらタクシードライバーに転職しても活躍できる可能性が高いといえます。

最初からこれ無理!と思うのでしたら、転職は考え直した方が良いかもしれません。

タクシードライバーは1回の勤務時間が長いのがきつい

タクシードライバーのシフト、働き方は基本3つです。

  • 隔日勤務(かっきん)
  • 昼日勤
  • 夜日勤

タクシードライバーの仕事は勤務が長くきつい、と言われるのは隔日勤務です。

タクシー会社によりますが、20時間の勤務時間となります。
1回の勤務で2日分働く、というイメージです。
だから、タクシードライバーは休日が多いといわれます。

隔日勤務の働き方に慣れるまで、2,3ヶ月かかるかな、とも言われてます。

前職がシフトで夜勤あり、という方はすぐにシフトに慣れるようです。

ただ、好きな時間に休憩、食事休憩、仮眠が取れるため、上手く調整出来ればそこまで辛くない、という方は多いですね。

もちろん、安全運転のためにも前日にしっかり睡眠を取った上での勤務となります。

しかし、最近では隔日勤務以外のシフト、昼日勤で働くドライバーも増えているようです。

売上げが上がらないのがきつい

多くの場合、タクシードライバーは歩合給です。
AB型賃金で働きます。

B型賃金は

基本給(15万円~18万円前後が多いでしょうか)はありますが、歩合給の部分をしっかり稼げないと生活が厳しいですよね。

都内のタクシードライバーの平均年収は平成30年で約470万だそうですが、当然、平均年収よりも低いドライバーの方もいます。

年収800万円といったトップドライバーもいます。

売上げが上がりにくい月もありますから、常に高収入をキープするのは難しい仕事です。

それを見越して、給料を残しておくなど管理できないときついかもしれませんね。

とはいえ、東京は国内では最もタクシードライバーが稼げる地域です。

高年収を求めて地方から上京して転職される方も多いです。

ノルマ(足切り)がきつい

タクシー会社の多くは、ノルマ(足切り)を設定しています。

足切りを越えた売上げが無いと、歩合給が貰えません。

とはいえ、タクシー会社ごとに、普通に営業していれば達成出来る金額が足切りとして設定されていつ場合が多いですから、そこまで心配はいりません。

稼ぎやすい大手タクシー会社はノルマが高めといわれます。

逆にタクシードライバーが働きやすいように、とノルマ(足切り)が無いタクシー会社もあります。

もし心配でしたら、ノルマ(足切り)なしのタクシー会社をお探しになると良いと思います。

酔っ払い客がきつい

タクシーはお客様商売です。

色々なお客様がいますし、稼げるのはやはり夜間です。

夜間は酔っ払い客がいます。
ほろ酔いの方、泥酔している方、もうすでに吐きそうな人など様々。

やはりきついと感じるものですが、タクシーの主要客ですから避けて通ることは出来ません。

タクシードライバーそれぞれ、酔っ払い客への対応の仕方を身に付けているようです。

帰庫した後の洗車がきつい

朝7時に出庫して翌朝2時に帰庫、それから洗車。
やはり、きついと感じるドライバーは多いようです。

季節によって暑い、寒いもあります。

そのため、タクシー会社によっては洗車マシンを導入していたり、洗車係がいたりします。
(別途、料金が必要な場合あり)

タクシードライバーのメリット、魅力

色々なタクシードライバーのきつい、をご紹介しました。

タクシードライバーとして転職して、仕事が思った以上に「きつい」と辞める人も実際に多いそうです。

しかし、タクシードライバーの仕事は気楽、慣れたら楽だよ、という方も多いです。

結局、タクシードライバーに転職する前の仕事と比べてどうか、キツイかキツくないかはそこが一番大きいといえるでしょう。

本当に激務、精神をすり減らすような仕事をしてきた方にすれば、タクシーの仕事は楽でむしろ楽しい!という方もいます。

居酒屋などで正社員勤務していた方にとっては、ゲ○処理自体はそこまでキツくないでしょう。

営業が出来ない時間はキツイでしょうけれど・・・。

実際エチケット袋もあるので、そんなそんな社内に吐かれることは無い、ととあるドライバーさんも言っていました。

タクシードライバーとして、毎日色々な場所に行けて、美味しい店を開拓できる、たまに話が合う人が乗って本音を聞けたりする、時々有名人が乗る、などタクシーの仕事にも魅力があると言います。

タクシードライバーとして転職して高年収を目指したいのであれば、大手タクシー会社を選ぶこと、東京都は特に流し営業をメインにする、売上げが上がるように努力することが欠かせません。

タクシードライバーの仕事できつい、と言われることが多いであろう事柄をご紹介しました。

ご自身にとって本当にきついか、きつくないか、一度お考えになってみてはと思います。

都内のタクシードライバー求人をお探しになる際には、

⇒ 東京都 タクシードライバー 求人サイトおすすめ

をご活用になってみてください。

-タクシードライバーの働き方
-

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.