タクシードライバーへの転職で不安なこと

タクシー運転手の給料

タクシードライバーにノルマはある?

投稿日:

タクシードライバーのノルマ(足切り)

タクシードライバーに就職、転職をお考えになっている方の中には、タクシー営業のノルマが心配で・・・という方も多いのではないでしょうか。

ノルマを達成出来なかった場合、収入はどうなる?やっぱり月収が激減する?ノルマが達成出来ずに、生活が出来ないような低い収入になってしまっては困ります。

タクシー業界ではノルマを足切りということが一般的です。

タクシー会社の中にはノルマがあるところ、ノルマが無いところがあります。

都内のタクシー会社でもノルマに関しては無いタクシー会社もありますから、自分が働きやすい環境を選ぶことが重要になります。

ノルマがあるタクシー会社も多いですが、ノルマ金額の設定は通常営業をしていれば達成可能な金額担っている場合が多いため、そこまで心配しなくても良い場合が多いです。

心配であれば、求人へ応募する前にノルマも含めてタクシー会社の詳しい情報を得て、応募を検討されることをオススメします。

⇒ 転職道.COM(求人数、業界トップクラス!タクシードライバー求人サイト)

タクシードライバーのノルマについても相談しながら情報収集をすることが出来ます。

タクシー転職の際に気になるノルマ

タクシー業界へ転職する時に多くの方が気にされるのがノルマです。

タクシードライバーにとっては足切りというものですが、ノルマとほぼ同じ意味といって良いでしょう。

煽り行為に繋がるといったことからノルマ自体は禁止されているとはいっても、足切りは実質ノルマですから達成するために努力は必要です。

タクシードライバーに転職をする場合、1日の営業成績はやはり重要です。

タクシー1台が営業するにあたり、当然ですがガソリン代を始め、整備費、車検代、人件費など様々な経費が掛かっています。

車1台を維持するだけでもお金が掛かります。

そのため、タクシー会社からこれくらいは売上げを上げてくれないと困る、といった足切り額が設定される場合もあります。

ただし、タクシーの営業ノルマに関してはその地域の売上げ事情を考え、ノルマ達成が難しいような金額になることはないはずです。

高すぎるノルマは、ドライバーの無理な運転、他タクシーとのお客の奪い合いに繋がり、事故を誘発する可能性がありますから禁止されています。

タクシードライバーのノルマ(足切り)と歩合率

タクシードライバーの給料ですが、一般的に多いのがAB型賃金です。

賃金 = 固定給 + 歩合給(月間営収額-足切り額)

という計算式で月収が決まってきます。

そこからボーナスのために少し給料がプールされます。

ノルマに達した売上げ部分に歩合率を掛け、その金額が歩合給となります。

足切り額に関しても、基本的には月の売上げで見るタクシー会社が多いです(月間営収額)。
しかし、そもそも足切りが無い(ノルマ無し)のタクシー会社へもあります。

ただ、足切りがないタクシー会社の場合には歩合率も低めになっているため、売上げを伸ばしても給料が増えにくい、といった場合もあります。

そのため、都内でも高歩合率のタクシー会社は多数ありますから、腕に自信が付いてきたドライバーは高歩合率のタクシー会社へ転職するケースは多いと言えます。

東京はタクシードライバーが稼げるエリアです。
B型賃金、完全歩合給で年収800万、年収1,000万円を狙う道もあります。

どちらが自分にとって働きやすいか、しっかりと考える必要はあるでしょう。

タクシー会社の給与体系は複雑ですから、タクシー求人サイトを利用して、事前に出来る限りしっかりと情報収集をされることをオススメします。

思ったよりも稼げなかった・・・むしろ足切りが発動してしまっていつも最低の固定給しか給料がもらえない・・・といったことになると困りますよね。

ノルマに達しなかったらどうなる?ノルマを下回る時の給料

ノルマに達しなかった場合、給料は固定給の部分だけが支給されます。

タクシー求人サイトで見ると固定給もタクシー会社によって様々です。

東京都のタクシー会社の求人であれば、

「月給16万3400円 + 歩合給 + 残業割増 + 深夜割増」

「月給16万5480円 + 各種手当 + 歩合」

といったような給与で掲載されていることが多いです。

この固定給の部分のみ支給となる、ということになります。

東京都でこの給料だと生活は非常に厳しいですね。

タクシー会社の寮を利用していれば家賃は低く抑えられますが、それでも生活は厳しいです。

東京都のタクシードライバーの一日の売上げ金額

東京都のタクシードライバーの一日の売上げ金額として、4万円~5万円が平均と言われます。

地方だと1日3万円の売上げが平均、と言われますのでこうした売上げ平均額からも東京がタクシーにとって稼げるエリアであることが分かります。

足切りに関しては、こうした1日の平均額を売り上げることが出来れば大丈夫といって良いでしょう。

タクシードライバーは歩合給で働く仕事

タクシードライバーは歩合給で働く会社が多いです。
歩合給だからこそ、タクシードライバー転職1年目の方でも年収500万、年収600万円を得る方もいます。

20代も、40代も50代も条件は一緒です。

中途の転職で未経験、50代でも年収600万円など稼げる可能性のある仕事は、そう多くは無いと言えます。

タクシードライバーへ転職をお考えの方は、

「高年収」

を期待している方も多いと思います。

マイペースで働くことも出来ますが、やはり売上げアップのポイントを抑え、歩合給で働くタクシードライバーとして成功したい!という気持ちもあるのではないでしょうか。

特に東京都はタクシードライバーの平均年収が最も高いエリアです。

その一方でノルマの無いタクシー会社もあります。

ノルマに対して不安がある方は、ノルマを設定していないタクシー会社がおすすめです。
その場合、歩合給はあまり期待出来ませんが各種手当てが充実しているタクシー会社を選ぶことで、安定した収入を期待することが出来ます。

タクシー会社の給与体系は会社により異なり複雑です。

個人で情報収集をするのは難しいといえますので、

⇒ 転職道.COM(求人数、業界トップクラス!タクシードライバー求人サイト)

などタクシー業界に特化したタクシードライバー求人サイトを活用し、タクシー業界の詳しい情報を持つコンサルタントに相談しながら情報収集をする方法がおすすめです。

-タクシー運転手の給料
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2020 All Rights Reserved.