タクシードライバーのカーナビ使用について

タクシードライバーの働き方

タクシードライバー、カーナビを使っても大丈夫?

投稿日:

タクシードライバーのカーナビ使用

今のタクシーには、ほぼカーナビが標準搭載されています。
しかし、実際にはタクシードライバーはカーナビはあまり使用することはありません。

それはタクシードライバーとして道に詳しいからでしょう?
正解です。ベテランドライバーは月に5,000キロ以上も走ることになりますし、様々なお客様を乗せて裏道も指定されて走りますから、道をどんどん覚えます。

とはいえ、これからタクシードライバーへ転職する方にとっては地理(道路)はとても不安なもの。
特に地方から東京へ出てタクシー転職をお考えの場合には東京都心部の道は完全に不安しかないのではないでしょうか。

タクシードライバーはカーナビを使っても大丈夫なの?
そうした疑問などについて、見ていきたいと思います。

タクシードライバー、カーナビを使っても大丈夫?道に詳しくないので不安で・・・

タクシードライバーがカーナビを使うことは、問題ありません

カーナビの強みはきちんと最新の地図、道路がアップデートされていればどんな行き先でも到着できるということ。

お客様から指定された目的地が、全く行ったことがない場所であってもたどり着くことが出来ます。

しかしカーナビを使う状況は限定されます。
毎回不安だからとカーナビを使うわけにもいきませんよね。

タクシードライバーがカーナビを使うケース

タクシードライバーがカーナビを使うケースとしては、どういった場合があるでしょうか。

例えば、次のような場合にはカーナビを使用することがあります。

ドライバーもお客様も、目的地の道が分からない

目的地はタクシーを利用されるお客様にとっては、馴染みの場所であることが多いです。

しかし時には、お客様も初めて行く場所が目的地である場合もあります。

イベント会場、研修会場、知人の家、企業訪問など色々なケースが考えられるでしょう。

その場合、

「私も行き先がよく分からないので、ドライバーさんにお任せします!」

と言われることがよくあります。

タクシードライバーの目的は、お客様を安全に目的地へお届けすること。
最短距離を走ることも重要ですが、間違った方向へ行ってしまうのは絶対に避ける必要があります。

そのため、目的地までの道のりが分からない場合にはカーナビを使用して間違いなく目的地へ到着するためにカーナビを使用することになります。

もちろん無断でいきなりカーナビに目的地を入れるのはいけません。
「私も不慣れなもので」といったことで、カーナビを使用する場合にはお客様にカーナビ使用をお断りすることは重要です。

配車ツールとしてのカーナビ使用

タクシー会社にはお客様から配車依頼があります。

その際、配車されるタクシーがお客様の自宅などに向かうために、カーナビにルートを示し間違い無くお迎えできるように使用されることがあります。

お迎えの時間も指定されることが大半です。
道に迷ってしまい、お迎えの時間に遅れないためにも配車ツールとしてのカーナビも重要といえます。

ロングの後、営業拠点に帰る時などのカーナビ使用

ロングのお客様を乗せることもありますが、地理に不慣れなエリアを目的地とした場合、カーナビが無ければ戻り道に困ることがあります。

早く営業拠点に戻り次のお客様を乗せることが必要です。
ガソリンをムダにすることなく、営業所に戻る、営業拠点に戻ることも大切です。

不慣れなエリアで迷う時間がもったいないですから、カーナビを使用して間違い無く戻る時には使用することになります。

カーナビを使わないタクシードライバーが多い理由

タクシードライバーがカーナビを使用することは問題ありません。

お客様を乗せている場合には、もちろんトラブルがないようにお断りをしたり、使用に関して確認することは重要です。

しかし、多くのタクシードライバーはカーナビは使用しません。

その理由としては、次のようなものがあります。

カーナビの道順が必ず近道では無い

カーナビを普段から使用する方はご存じと思いますが、カーナビの示す道順は必ずしも近道では無いですよね。

どうしても幹線道路に出したくて回り道を延々と指定してくる場合もあります。

普段、家族のお出かけなどであれば間違い無く走るために、太い道路をメインに行っても良いのですがタクシーは最短距離を走ることが必要です。

走り慣れてくればドライバーが近道を知っていることも多いでしょうし、お客様が知っている道の方が近道のためカーナビを使うことはありません。

ドライバーがカーナビの使い方を知らない

年配ベテランドライバーの場合、昔はカーナビがありませんでしたし使い方も少々難しい。

それにタクシードライバーは道のプロ、ということからカーナビを使わないことに決めているドライバーも多いです。
そもそも使い方を覚えようとしないドライバーも中にはいます。

まあ、それも道を既に知っているベテランドライバーだからこそ、ともいえます。

お客様の指定する道を走るためカーナビを使わない

お客様によっては、好みのルートがあります。
この道を通って欲しい、用事があるのでここを経由して欲しい、など。

その場合、お客様の指定に従ったルートを走ることになります。

あえて遠回りになるルートを指定されるお客様もいますから、間違い無く確認をしながら走ることになります。

タクシードライバーのカーナビ使用、まとめ

タクシードライバーとはいえ、全ての道を知っている訳ではありませんし、新しく道路が増えていることもよくあります。

そうした意味でカーナビはあると安心。

またタクシー初心者のドライバーにも万が一の際には、安心の源泉となります。

プロのドライバーであっても、新たに出来たホテル、ランドマーク、イベント会場などは把握しきれるものでは無いです。

タクシードライバーの目的はお客様を安全に目的地までお連れすること。

これに沿ってのカーナビ使用であれば問題ないといえます。

-タクシードライバーの働き方
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2020 All Rights Reserved.