タクシー運転手が高給与を得るには

タクシー運転手の給料

タクシーは稼げない?タクシードライバーで稼ぐためのポイント

投稿日:

タクシーは稼げない?

タクシードライバーに転職をお考えの方の中には、タクシーは稼げないのでは?という疑問を持つ方も多いと思います。

東京都のタクシードライバーの平均年収は約470万円

大手タクシー会社、特に国際自動車(kmタクシー)と日本交通は新卒採用に非常に入れており、ガツガツ稼ぐ若手ドライバーも増えています。

東京都のタクシー需要は今後も伸びが期待されており、平均年収も伸びる事が予想されます。

タクシードライバーは歩合給です。当然、稼げないドライバー、稼げるドライバーが出てきます。
歩合給といえば営業職も同様ですが、営業の仕事も稼げる人、稼げない人と分かれます。
どんな仕事でも出来る人、出来ない人に分かれる現象はあります。

稼げないタクシードライバーの特徴を抑え、東京都のタクシードライバーとして高年収を得るポイントをみていきましょう。

タクシー会社選びも重要ですから、これから転職をお考えの方は東京都のタクシードライバー求人の情報を得るために便利なタクシー求人サイトも活用してみてください。

東京都のタクシードライバー平均年収

資料として見やすいので何度も参考にしていますが、

全国ハイヤー・タクシー連合会 平成30年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況のまとめ

東京都のタクシードライバーの平均年収は、約470万円となります。

全国のタクシー運転手(ドライバー)の平均年収は約348万円です。
年収差120万円以上となります。

全産業男性労働者の平均年収は558万円です。

平均年収だけを見ると、安定して稼ぎたいのなら他の仕事を選ぶ方が良い、ともいえるのですが目的によってはタクシードライバーはとても良い職業になります。

この記事の主題と離れてしまいますからタクシードライバーになるメリットを簡単に記載いたしますが、

時間の自由が利きやすい

ことはメリットの一つとして挙げることが出来ます。

タクシードライバーのメリット:時間を確保しつつ正社員としての収入が得られる

タクシードライバーへの転職理由もお一人お一人に色々とあると思うのですが、それなりに正社員として安定して収入を得ながら、時間も確保したい方にはオススメの仕事といえます。

タクシードライバーの主流の働き方は隔日勤務ですが、2日分を働いて明けに休む、公休がくっついて2連休、3連休が出来る働き方です。

親(家族)の介護。

資格取得のための時間を確保したい。

夢を追いかける時間も欲しい。

でも、「正社員の安定」も欲しい。
正社員就職しての社会保険への加入などは、長い目線で考えるととても有利なポイントです。

フリーターをしながら夢を追いかけるよりも、高収入を得ながら安定した生活が送れます。

将来、国民年金だけでは完全に生活できませんよ?

年齢によってはあまり意識することのない年金ですが、厚生年金と厚生年金では将来の年金支給額が大きく違ってきます。

新卒のタクシー就職、仮面就職が増えている件

タクシードライバーの隔日勤務は長時間の勤務となりますから体力は必要かも知れませんが、時間も確保出来ます。

東京都のタクシー業界は新卒採用が増えていますが、

仮面就職

の方も多いのが東京のタクシー業界の特色かもしれません。

特に国際自動車(kmタクシー)は面白い面接をしていて、夢を応援してくれますし、仮面就職の方も認めている節があります。

色々な選択肢、働き方を認めてくれるのは、今のタクシー業界の流れかもしれません。
まず、若い人にタクシードライバーで入って欲しい。タクシーのイメージを変えていきたい。

将来の事は分かりませんが、この流れは続くのではないでしょうか。

色々な選択肢を考えることができる、それも、時間の自由が利きやすいタクシードライバーだからこそ、といえるかもしれません。

中高年のタクシードライバーの転職も同様です。

家族と過ごす時間が増えた、趣味の時間が取れるようになった、といった方は多いです。

毎月の残業時間が80時間~100時間といった労働環境で頑張ってきた方にとっては、残業は禁止されているタクシードライバーの働き方はホワイトです。

隔日勤務の働き方に体が慣れてきたら、とても楽な働き方に感じるようです。

要は、タクシードライバーという仕事にどんなことを求めて転職するかが、成功・失敗に感じる大きな分かれ目といえるのでは、と思います。

東京都のタクシードライバー、1日の水揚げ(売上げ)平均

東京都のタクシードライバーの水揚げ(タクシー営業による1日の売上)ですが、平均で約45,000円と言われています。

地方の場合、1日の売上げは25,000円~30,000円の間となる地域も多いです。

東京都のタクシードライバーが稼げる、というのはこうした売上げを見ると年収差も当然といった感があります。

タクシーで稼げない人に共通して見られる特徴

タクシードライバーとして転職して、稼げない人の特徴にはいくつかの共通点が見られるようです。

稼げないタクシードライバーの特徴を知ることで、稼げるタクシードライバーになっていきましょう。

無計画にタクシーを走らせている

稼げないタクシードライバーは、人の流れなどあまり考えずにタクシーを走らせている傾向があります。

馴染みのタクシープールでひたすら待つ。

病院やデパート、ホテルなどタクシープールもお客様が多い少ないがあります。時間の流れ、曜日、イベントなどによって差があります。

稼げるタクシードライバーは、こうした人の動きを考えて走らせていることが多いです。

天気、バス・電車などの路線の運行状況、街のイベント、手が上がりやすいエリア・時間帯、など色々とメモをしたり後から営業を振り返って、実車率が高くなるように乗務を行っています。

実車率を意識していない

実車率を意識するとしないとでは、売上げ金額に差がやはり出てしまいます。

実車率は「実車キロ÷走行キロ」で出すことが出来ます。

稼ぐドライバーは、復路でもお客様を乗せて実車率を高める工夫をしています。
決してロングが稼げるわけではない、というのは実車率が高いドライバーに多い言葉です。

休憩が多い

タクシードライバーは休憩時間を3時間取らなければならない、といったことが定められています。

ただ、その日の体調によってはしんどくて休憩も多めに取りながら頑張る日もあるかもしれません。

そうなるとお客様を乗せる機会損失も増えてしまう可能性があります。

稼げないタクシードライバーは、何かと休憩が多い傾向があります。
営業に出れば自己管理です。

あまりサボると最低給与しか出なくなりますが、どうもやる気が出なくて・・・といったことで休憩が多いと、やはり売上げは低くなります。

タクシー会社選びに失敗した

東京都にはタクシー会社が約430社あります。

給与形態もタクシー会社によって異なります。

高年収を稼ぐためには、給与形態をしっかりと確認して働くことが重要になります。

AB型賃金でもボーナス部分を大きめにしている場合もあります。

またクレジットカードなどの手数料を会社が負担してくれる場合とドライバーが負担する場合では差が出てしまいます。

規模の大きな大手タクシー会社、準大手タクシー会社のタクシードライバーがしっかが稼げる理由は、こうした手数料などの面がしっかりしており、ドライバーの負担が軽減されているためです。

その分、売上げに対しての管理も厳しめですがタクシー会社のブランドも含めて高い売上げを上げやすい環境になっています。

東京都のタクシードライバー転職 関連記事

年収600万超え多数!東京のタクシードライバーは高収入

東京には年収600万円以上を稼ぐタクシードライバーが多数います。
未経験からタクシー業界へ転職し、ドライバー1年目、2年目で年収600万円以上を達成する方もいます。

稼げるタクシー転職が成功するか、タクシー会社選びが重要です

タクシードライバーは基本的に歩合給です。

売上げが高くなればなるほど、月収が増える給与形態のタクシー会社が多いです。

それ以外にも、タクシー会社の働きやすさ、雰囲気も重要です。

先輩ドライバー、トップドライバーの知識や情報を共有することが出来るか、新入りをライバルとして蹴落とそうとするタクシー会社は働きにくいですね。

仲間として一緒に高い売上げを目指して頑張ろう、一緒に成功しよう、といったことで売上げアップのためのコツ・ポイントを共有してくれるドライバーが多いタクシー会社も存在します。

タクシー会社といっても労働環境は様々です。

少しでも働きやすい、自分に合ったタクシー会社を見つけて転職することが非常に大切といえます。

そのためのタクシー求人の情報収集の方法として、

⇒ 転職道.COM

などのタクシードライバー求人サイトの活用をおすすめしています。

東京都のタクシードライバー転職 関連記事

東京都 タクシー求人 入社祝い金あり

東京都はタクシードライバー求人が非常に多いエリアです。入社祝い金あり+寮完備、給与保証といった求人も多く見つける事が出来ます。
入社祝い金タクシードライバー求人を探しやすい、おすすめタクシー求人サイトをご紹介しています。

-タクシー運転手の給料
-,

Copyright© 東京都 タクシードライバー求人サイト , 2019 All Rights Reserved.